アトピスマイルとライスパワーNo.11

MENU

アトピスマイルクリームにはライスパワーNo.11があるからすごかった。

古くから日本人というのはお米を研いだ時に生じるとぎ汁を再利用して様々なことに使ってきました。 時にはお風呂に入れて入浴することもあり、結果的に乾燥肌が保湿されることが判明したのです。 そういった事がきっかけとなり生み出されたのがライスパワーNo.11です。 従来のお米が持つ効能に加えて、現代技術を活用して発酵させることにより誕生した新しい成分です。 ライスパワーNo.11が表皮の角質層に存在するセラミドを構成するとバリア機能が向上し、水分をより一層保持させられるようになります。 そういったライスパワーNo.11をしっかりと含有して生み出された画期的な製品がアトピスマイルです。 ドラッグストアなどの薬局では購入できないのに話題になっていますよね。 元来高い効能により口コミでじわじわと人気が出ていたのですが、とても知名度が高い報道番組で特集されたことがきっかけとなり一気に有名になりました。 お米が持つ能力により完治が難しいと言われているアトピーを完治させて予防も行える唯一無二の存在として重宝されています。 かつてもスキンケア製品の中には同様の作用があるという謳い文句で販売が開始された物がありましたが、ステロイド剤が入っているといった懸念材料がありました。 ステロイド剤を使うと変調がすぐに回復するものの、長期使用するものではないのでリスクが大きいです。 一方、アトピスマイルはリスクがある成分は一切採用されていない上に保湿を目的として使われる事が多い乳成分もありません。 その代わり現代で最も注目されているライスパワーNo.11を豊富に使っているため、無理なく皮膚の水分量が保持されるのです。 アトピーはもちろんですが、肌が不調になっていると感じられる変化として強い痒みがあります。 一度見舞われてしまうと我慢することが難しいので、つい悪影響が及んでしまう可能性があっても薬剤に手を伸ばしてしまうものです。 そのような時はすぐに薬に手を伸ばすのではなくアトピスマイルを使用してみましょう。 含有されている成分を目にしても特に痒み止めの働きをするものは入っていないのですが、アトピスマイルを使えば痒さが無くなると言われています。 その理由はやはりライスパワーNo.11が大きく関係しているのです。 人体の内部にはセラミドという水分量をキープするための成分があるのですが、アトピスマイルならセラミドが増やせるので一時しのぎではありません。 当然ですが水分量が高くなることで乾燥しなくなり、結果的に根本的な解決に繋がります。